お通じを良くする方法【腸内環境を整えることで美肌もゲットできる】

巻尺

食事で改善する

お腹

腸内環境を変えます

便秘の要因としてはいろいろありますが、その中の大きな一つとして腸内環境をあげることが出来ます。人間の大腸の中の環境は腸内細菌と呼ばれる様々な種類の細菌に大きな影響を受けていて、どのような腸内細菌によって構成されているかというのが大切になっています。腸内細菌は大腸菌やブドウ球菌といった悪玉と呼ばれるものと、ビフィズス菌や乳酸菌などといった善玉と呼ばれるものに分けることが出来、いかに善玉菌を増やしていくかが便秘にもかかわってきます。乳酸菌が豊富に含まれる食品としてはヨーグルトやチーズなどといった乳製品や味噌や塩?、キムチなどといった発酵食品があげられます。あくまで食品なので、便秘薬ほどの即効性を期待することは出来ませんが、長期にわたって続けるという事がとても大切になります。また、より効果を高めたいのであれば摂り方も大切で、例えば普段冷蔵庫で保存してそのまま食べるのが一般的なヨーグルトも40度くらいに温めて食べることでさらに効果を上げることが出来ます。乳酸菌が最も活発に動くのがその温度であるのが理由で、逆に温めすぎると乳酸菌が死滅してしまうので逆効果になります。また、便秘解消のために合わせて取りたいのがオリゴ糖で、これは腸内の乳酸菌の餌になるものです。乳酸菌も生き物なので、エネルギー源が確保できなければせっかく摂取してもやがて減っていってしまいます。例えば朝食時にオリゴ糖を入れたヨーグルトを習慣にするのも快便への第一歩と言えるでしょう。