お通じを良くする方法【腸内環境を整えることで美肌もゲットできる】

巻尺

減量しても取れづらい

ウエスト

お腹の筋肉を意識する

ぽっこりお腹になってしまう原因は、筋肉の力が弱まっていることにあります。筋肉が弱まることでさらにその周りに脂肪が蓄積していきます。そして落ちにくい皮下脂肪もついていくことにより、お腹周りがぽっこりするという現象が起きてしまいます。原因が筋肉であれば、衰えた筋肉を鍛えることがぽっこりお腹解消のポイントとなります。食事にも筋肉を作ってくれるタンパク質を摂り入れるようにします。さらにミネラルや炭水化物、ビタミン類もきちんと摂ります。ぽっこりお腹をなくしたいからと、必要な栄養を削るような食生活はしてはいけません。きちんと食事はとりましょう。逆にあまり摂るとよくないものとして脂質の高い油ものがあります。スナックや揚げ物を控えるようにしてください。同じ油でも魚の油など脂肪になりにくい油を摂るようにしましょう。すでにできてしまっているぽっこりお腹をなくすためには、食事だけではなく運動をする必要があります。腹筋を意識した運動をすればお腹が引っ込むのも早いです。お腹を左右にひねったりスクワットなどをします。身体を動かすのが苦手な人は呼吸を整えるだけでお腹がすっきりするという方法もあります。仰向けの状態で鼻から息を吸い、口から息を吐くときにお腹が引き締まるのを意識します。ポイントは大きく息を吸い、吐くことです。ただ、産後のぽっこりお腹である場合は骨盤を締める必要があるので、骨盤矯正ができるエクササイズや接骨院に行くなどしましょう。